2016/04/22 News Release

Ness_Release

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
アルハイテック株式会社


2016.4.22

アルミ系複合材廃棄物から水素を発生させる検証プラントが完成
―富山県内の実働工場で稼働開始―

 NEDOプロジェクトにおいて、アルハイテック(株)は、アルミ系複合材廃棄物から水素を発生させる検証プラントを完成させ、4月22日、稼働を開始しました。本検証プラントにおける水素発生量は、今後最大で1時間当たり約5kg(燃料電池車走行距離約700kmの充填量に相当)に増やすことを予定しています。
 なお、稼働開始にあたって、同日、朝日印刷(株)富山工場内にてプラント完成披露会を開催しました。

完成した新プラント

1.概要
 アルハイテック株式会社は、リサイクルが困難と言われていたアルミ系廃棄物からアルミを分離し水素を発生させ、発電に利用する画期的なシステムを独自に開発し、2014年12月からNEDO「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」において、アルミ系廃棄物再生プラントの実用化に向けての開発に取り組んできました。
 今般、本プロジェクトにおいて、アルハイテック株式会社は、朝日印刷株式会社の協力を得て、朝日印刷株式会社富山工場内に、アルミ系複合材廃棄物から水素を発生させる検証プラントを完成させ、稼働を開始しました。
 完成した検証プラントは、パルパー型分離機、乾留炉、水素発生装置からなり、これまでに工場から排出されるアルミ系端材等を使用した動作確認を実施しており、1時間あたり2㎏の水素を発生させることに成功しています。今後、水素発生量は最大で1時間当たり約5㎏(燃料電池車走行距離約700kmの充填量に相当)に増やすことを予定しています。また、処理の過程で取り出されるパルプ、油、水酸化アルミについても有効利用と経済性について検証を行うとともに、その他の技術的課題解決や省エネルギーの検証についても、引き続き実施していく予定です。
 本技術は廃棄物の削減を可能にするだけでなく、エネルギーと水素を生み出し、有効利用可能な水酸化アルミなどの副産物が得られるなど、装置稼働により企業の収益性向上にも寄与することが期待できることから、これらの取り組みを通じて、国内外を問わず導入顧客となり得る印刷工場、パッケージ工場、金属工場等に対し、立案しビジネス展開を目指します。  なお、稼働開始にあたって、同日、現地にてプラント完成披露会を開催しました。


装置の機能
パルパー型分離機:複合材を高速回転する羽根によりパルプとアルミ・プラに分離します。
乾留炉:アルミ・プラを蒸し焼きにすることでプラを分解しアルミを取り出します。
水素発生装置:アルミを特殊アルカリ溶液と反応させて高純度の水素を発生させます。

検証プラントの全体システム

2.今回の成果
 今回完成した検証プラントは、アルミ付紙パックなど紙・アルミ・プラスチックの複合材廃棄物からパルパー型分離機でパルプ成分を取り出し、残ったアルミ付プラスチックを乾留炉で加熱することでガス・オイルと高純度のアルミに分離し、さらに分離回収したアルミを水素発生装置で特殊アルカリ溶液※1 と反応させ、発生させた水素を発電などに有効利用するというものです。
 乾留炉では、エネルギー効率を向上させるために電気式であった加熱方法を乾留により発生させたガスを燃焼させることで得られる熱を利用する熱風式にしました。熱風発生炉で乾留ガスが助燃バーナーに頼ることなく自燃しロータリーキルン※2 の加熱に利用することに成功しています。目標としていた1時間あたり90kgのアルミ・プラの処理量を達成しました。
 水素発生装置では、既存の水素発生装置では反応槽にアルミの追加投入ができませんでしたが、材料形状とフィーダーを工夫することでそれを可能にし、連続的に水素を発生させることができるようになり、1時間あたり2㎏の水素を発生させることに成功しています。水素発生量は、最大で1時間当たり約5㎏に増やすことを予定しており、これは、燃料電池による発電に利用すると50kWの電力に相当し、燃料電池車1台の充填をすることが可能な水素の量(走行距離約700㎞)であり、将来的には水素利用社会に向けて水素ステーションでの利用も検討していく予定です。

乾留炉

水素発生装置


【用語解説、出典】

※1 特殊アルカリ溶液
アルハイテック株式会社が独自に開発した水酸化ナトリウム水溶液に触媒を加えた溶液。

※2 ロータリーキルン
乾留炉の本体となる回転式の窯。この中でプラスチックがガス化される。


4.問い合わせ先
(本ニュースリリースの内容についての問い合わせ先)
NEDO 省エネルギー部 担当:二上、杉村 TEL:044-520-5281
アルハイテック株式会社 本事業技術開発代表者常務取締役:水木
                 技術部主任:麻生 TEL:0766-50-8109

(その他NEDO事業についての一般的な問い合わせ先)
NEDO 広報部 担当:髙津佐、坂本、佐藤 TEL:044-520-5151 E-Mail:mail